除霊で宿業を消すことはできない245

深見東州先生(=半田晴久氏)は、世界中に愛をワールドメイトのリーダーです。

このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「大除霊」を紹介しています。人間の本質とは何か、悪霊、除霊カルマ、水子供養、因縁などについて解説しています。

深見東州の「大除霊」(130)

 ところが、こればかりは除霊をしても解決できない。霊は取れてもカルマ=宿業は取れないのだ。いやまったく取れないというわけではないが、一回の除霊の効果はわずかであり、数回くり返して表面に出ている霊障は完全にきれいになることが多い。あとは、性格や性向の奥に深く内在している霊障(祖霊が多い)が残るのである。これを取るには、本人が変わり、時間をかけて、自分の中にいる昔ながらの悪い自分を、徳功、徳化、徳明によって自然に追い出すしかない。カルマをなくしていくとは、本来生まれたときに定められている天の命数を改めていくことでもある。寿命も、性格も、命運も、正しい天真と天理にかなう努力によって改善することができる。そして、これは今述べた沈殿、固定化霊障群を、自然に追い出していくプロセスと同じであると考えてよい。これらはよく関連し、連動し、相関しているからなのである。

 ところが、もし除霊を受けることで家と個人のカルマのすべてが許されたとしたらどうだろう。たとえば、五万、十万、百万などのお玉串で誠意を表すことによって、先祖が犯した罪、そして自分自身が前世から今世にわたって犯してきた罪がすべて許されるとしたら、「神様は誠に不平等な存在である」といわねばならないだろう。

 もし、お金ですべてが解決するなら、生きている間に勝手放題、やりたい放題やって、死ぬ間際にアルバイトでも雇って、「このお金で供養を頼んでくれ」といい残して死んだ方がいい、ということになる。

 だが、神様はそれほど不平等でも理不尽でもなく、また、甘いこともない。天地自然もまた同様である。宇宙の大法則である善因善果、悪因悪果の定めによって、万人が平等の立場に立てるようにされている。

 だから、自分が蒔いた種は、自分できっちり刈り取らねばならないことになっている。自分のカルマは、たとえ除霊を受けても、それだけでは根本的には解決されないのである。除霊は、カルマ脱却、因縁解脱、逆境はね返し、人格改善、悪運好転、幸運倍増の契機であり、大事なターニングポイントとなる神様の機であるととらえるべきだろう。それからの日々こそが大切なのである。

↓ブログランキングの応援
 1回クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
スポンサーサイト

tag : 深見東州 ワールドメイト 半田晴久 カルマ 除霊 祖霊

コメント

非公開コメント

ワンクリックお願いします!
ブログランキング にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 人気ブログランキングへ
最新記事
プロフィール

美禰子

Author:美禰子
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
深見東州の著作
神界からの神通力
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード