仕事に恵まれないのも因縁の解消252

ワールドメイトは、深見東州先生(=半田晴久氏)が教祖の宗教団体です。

このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「大除霊」を紹介しています。人間の本質とは何か、悪霊、除霊、カルマ、水子供養、因縁などについて解説しています。

深見東州の「大除霊」(137)

仕事に恵まれないのも因縁の解消

 長寿をまっとうして、健康にもお金にも恵まれ、人間関係にも恵まれている。これはかなり幸せな人生である。

 だが、それでもなお、ときとして苦しむことがある。どんなときかといえば、自分に向いていない職業に就いている場合である。自らの能力や才能や夢が、思うように発揮されていない苦しみといってもよい。女性の場合は、永久就職である縁談、結婚運の良し悪しだろう。つまり、自分を大切にはしてくれるが、決して自分の好みにあった夫ではなく、また、自分の能力を家庭や社会で十分に発揮できるようリードしたり、引き出してくれることのない夫。つまり、決して人間関係としては悪くはないが、一生涯鳴かず飛ばずで終わってしまう相手であること。これが、女性の就職運であろう。幸せな人生としては、足りないところとなっているはずである。

 ところで、自分に向いていない仕事、いやな商売といっても、本人が努力もせずにそう考えている場合は別である。これは本人が悪い。しかし、努力をしても努力をしても、どうしてもいやな仕事に就かざるを得ないというのであれば、それは、因縁が原因となっているのである。

 「俺はもっとやりたいことがあるのに、家業を継がなければならないので、いやいやながら毎日毎日同じ仕事をやっている」

 こういう場合は、因縁解消のためにやらされていると考えるべきであろう。

 しかし、仕事で苦しむのは最も軽い因縁であり、死ぬことやお金の苦労、病気の悩み、人間関係の葛藤から比べれば、はるかに楽であることはいうまでもあるまい。だから、総じていえることだが、自分はたいへんだたいへんだと日ごろ思っている方は、自分の業のレベルをこの五段階のレベルにあてはめてみることだ。必ずや上のレベルがあるに違いない。だから、そのことをしみじみと思えば、業の軽さもわかり、おのずから感謝の情も湧いてこようというもの。よく、「己の業を悟れ」などというが、何も、たいへんだ、たいへんだ、業が深いのだと悟ることが悟りなのではない。逆に、「まだ私は業が軽いのだ」ということを悟って、先祖や神様に対して感謝の念を抱き、積極的に、明るく元気に生きていくことの方が、よほどすばらしい立派な業の悟りではないかと確信する次第である。

↓ブログランキングの応援
 1回クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
スポンサーサイト

tag : 深見東州 ワールドメイト 半田晴久 因縁 職業

コメント

非公開コメント

ワンクリックお願いします!
ブログランキング にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 人気ブログランキングへ
最新記事
プロフィール

美禰子

Author:美禰子
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
深見東州の著作
神界からの神通力
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード