再生転生の回数が多ければ才能豊か258

ワールドメイトは、深見東州先生(=半田晴久氏)が教祖の宗教団体です。

このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「大除霊」を紹介しています。人間の本質とは何か、悪霊、除霊、カルマ、水子供養、因縁などについて解説しています。

深見東州の「大除霊」(143)

再生転生の回数が多ければ才能豊か

 では、今生きている人間はいったいどれくらい再生転生を重ねているのであろうか。

 私が、人々の前世鑑定をして前世をドンドン辿っていくと、誰でもだいたい十五万八千年ぐらい前に突き当たる。

 そのころは、日本では何々の尊(みこと)と呼ばれる人たちが活躍していたと思われる時代、いわゆる神代(かみよ)の時代であろう。おそらく、古代文明の栄えていたムー大陸があり、目に見えない神界と目に見える現実界の両方を人々がよく認識して、神人合一していた時代だと思われる。最奥御魂の世界の歴史からいえば、おおよそ六億年前から再生の歴史ははじまっているのだが、一番新しい元津御魂の歴史からいえば、そのころから人間は再生転生をくり返してきている。その回数は、だいたい平均四十七回から五十回くらいである。むろん、中には七十回、百回という人もいる。だが、百回を越える人は、文明国の都会で五十人に一人ぐらいの割合である。近現代では、生まれ変わりの期間は平均三百年ぐらいであるが、古代になればなるほど、ゆっくりのペースで為されていることがわかる。

 では、その再生転生をくり返していく間に、人間は何をしているのだろうか。才能と徳分を積み重ねているのである。では、才能とは何か、それは『大天運』でも述べたように、学問と芸術と信仰心の素養である。

 生まれながらに学問の素養のある人、芸術のセンスのある人、信仰心の篤い人がいるが、彼らは前世においてそれだけの御魂磨きをしているのである。

 また、一般的に再生転生の回数が多ければ多いほど、才能が豊かであるといえる。それは特に声に表れる。低音高音は別として、非常に声のいい人、響きのある声のもち主は再生転生の回数が多いのである。

 だが、これはあくまでも一般論であり、再生転生が少なくても、一回一回の再生転生を密度濃く生きている人は才能豊かだし、絶えず中途半端で再生転生をつまずきながらやっている御魂の人は、何回再生してもあまり進歩がないわけである。

 だから、数さえ多ければいいというものではないのだが、一般的にいって、再生転生の回数が多い人ほど才能に恵まれているということができるだろう。

↓ブログランキングの応援
 1回クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
スポンサーサイト

tag : 深見東州 ワールドメイト 半田晴久 守護霊 除霊

コメント

非公開コメント

ワンクリックお願いします!
ブログランキング にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 人気ブログランキングへ
最新記事
プロフィール

Author:美禰子
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
深見東州の著作
神界からの神通力
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード