これが本当の水子霊救済供養だ(3)278

ワールドメイトは、深見東州先生(=半田晴久氏)が教祖の宗教団体です。

このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「大除霊」を紹介しています。人間の本質とは何か、悪霊、除霊、カルマ、水子供養、因縁などについて解説しています。

深見東州の「大除霊」(163)

 私が水子霊をその場できれいに救済してあげた際、体から霊が抜けていくのがわかり、涙がとめどなく流れ出てきて、彼女は大変感激されたのである。結局、その縁談もだめになっていたので、水子霊も取れてなくて、彼女にしてみれば、踏んだり蹴ったりの思いだったのに違いない。

 しかし、その先生も、別に救済供養して水子霊を霊界に送りますとはいっていないので、単に供養するだけの一日二千円の供養料だから、「丁寧に供養して、水子霊をお慰め申しあげました」といわれれば、それ以上いいようがない。女心の弱味につけ込んだ、まことにあくどい、巧妙なやり方であるといわざるを得ない。

 ところで話は元へ戻って、これもくり返しになるが、水子の霊は二つの感情を持っている。だから、供養するときにはまずこの二つの感情をいやす必要があるのだ。そのために、ミルクを飲ませたりベビー服を着せたりすることもしなくてはならない。もちろん、形あるミルクやお菓子をいくら与えても何にもならない。霊界人となっている水子霊がおいしく、楽しくいただけるように、霊界具象力を発揮して水子霊に渡してやらねばならないのだ。こうして、満たされない心を十二分に満足させたうえで、本来行くべき水子霊天国界があることを教え、そこへ瞬間霊送しなければ、真の供養救済にはなっていないのである。

 そうしなければ、たとえ、毎月供養してもあまり意味がないのだ。

 「ごめんね、ごめんね。お母さんを許してね」

 「お姉ちゃんや妹を妬まないでね」

 こう祈れば、水子の感情も和らぐに違いない。しかし、それも一時のことで、時間がたてば、

 「でも、生きている人は、やっぱり羨ましいな」

 と思うようになるのである。犬や猫に毎日諭しても、いざ、もう一匹の方がかわいがられている現場に遭遇したら、やっぱり必死でやきもちを焼くのと同じだし、毎日諭されても、恋人がほかの美人女性のことを目尻を下げながら話しているのに遭遇したら、どんな女性でも、心中穏やかでないのと同じであろう。水子霊を犬や猫にたとえて申しわけないのであるが、水子霊たちは、事実同じような原始的ともいえる感情の世界に生きているのである。

↓ブログランキングの応援
 1回クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
スポンサーサイト

tag : 深見東州 ワールドメイト 半田晴久 水子 縁談 霊界 天国

コメント

非公開コメント

ワンクリックお願いします!
ブログランキング にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 人気ブログランキングへ
最新記事
プロフィール

美禰子

Author:美禰子
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
深見東州の著作
神界からの神通力
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード