主神と人間をとりもつ中間役の神々291

深見東州先生(=半田晴久氏)は、ワールドメイトのリーダーです。

このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「神霊界」を紹介しています。中間役の神々、除霊の奥義、正しい霊能力などについて解説しています。

深見東州の「神霊界」(12)

 第一章 現世を跋扈する中間役の神々(天狗・UFO)
 
 主神と人間をとりもつ中間役の神々
 
 拙著『神界からの神通力』では、狐、蛇、狸についてはある程度詳しくご説明したが、天狗、UFOについてはほとんど解説らしい解説をしなかった。
 
 そこで本書においては、それらご説明できなかったものについて、詳述してみようと思う。これからご説明するひとつひとつは、一部の霊能力者、宗教団体などに深い関係があるので、よく読んでそれらを正しく理解する上での一助にしていただきたい。
 
 とりあえず、天狗、UFOの順にご説明しようと思うが、その前に、どうしてこれらのものが存在するのかということについて、簡単にふれておこう。
 
 天狗、UFOというと、ハナからその存在を信じていない方も多いのではないかと思う。まあ、は、神という名で一部の人々に親しまれているのでそれほどでもないが、天狗、UFOとなると、
 
 「そんなもの、本当に存在するのかいな?」
 
 と、大半の人が思うことだろう。
 
 しかし、これらは真実存在するのである。では、なぜ存在しているのか。
 
 もとより、宇宙森羅万象の全ては、主神が創造されたものである。もう少し厳密にいうならば、主神は神界、霊界、現実の三界を創造されたのである。だからこそ、主神を正しく掌握するためには、この三界を偏りなくみて、「中(ちゅう)」に居てバランスを尊重しなければならないのである。また、この三界のありとあらゆるものを、主神が段階別に顕現して統率されているわけだが、こと現実界、つまり、私たちが肉体をもって生活しているこの三次元世界に関しては、御自ら直接統率されることなく、人間という存在を通して間接的に統率されているのである。
 
 そして、主神が進化と創造の大元霊であるとすれば、我々人間は、その一部であると同時に、この地球上に肉の宮をもって、その御心を成就させるためにある、尊い代行者なのである。それゆえにこそ、真に主神の意図するところを顕・幽・神の三界にわたって学び、よく神人合一して、世に善徳と智明を弘めなければならないのである。
 
 これが、主神からみた人の使命であり、人類が創造発展の道を延べ、理想社会を世に顕現させなければならない真の意味なのである。
 
 私が、神人合一の道を弘める理由は、ここに基づいているといえよう。

↓ブログランキングの応援
 1回クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
スポンサーサイト

tag : 深見東州 ワールドメイト 半田晴久 天狗 霊界

コメント

非公開コメント

ワンクリックお願いします!
ブログランキング にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 人気ブログランキングへ
最新記事
プロフィール

美禰子

Author:美禰子
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
深見東州の著作
神界からの神通力
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード