見えるのはおかしい…天眼について003

深見東州先生(=半田晴久氏)は、世界中に愛をワールドメイトのリーダーです。

神界からの神通力(3)

 それでは、天眼通力というものが、どんなものであるか解説しよう。

 ここでも、正と邪の天眼通力を区別しなければならない。

 まず、正神界の天眼通力というのは、かすかに、イメージの中でわかるというものであり、必要な時、必要なものだけが見えるというものである。常時見えているというものではない。

 これに対して邪神界の天眼通力は、常時見えている。毎日霊眼で見える、しかもカラーではっきり見えるというのが特徴だ。

 少し話が前後するが、すべての神通力についていえる大切な点をお話ししたい。

 それは、どの通力も漏尽通力に帰結しなければ意味がないということである。

 たとえば、いくら天眼が見えて「あなたは○月○日事故で死ぬのが見えます」と教えてあげても、それを聞いた人は救われるであろうか。「一週間たったら、仕事で失敗しますよ」と言って、「それでは、どうしたらいいですか?」と聞かれても、「さあ、それはわかりませんね。よく注意してください」と答えるだけでは、なんのために天眼が開けたのかわからない。

 仕事の失敗を予言して、それを聞いた本人がそれを苦にし、仕事ができなくなるというのでは意味がない。

 相手の気持ちがわかり、相手の運命がわかり、天眼が見え、天耳が聞こえたとしても、その人の幸せにつながらなければ、何の意味もないということになるのである。

 そう考えると、正神界から来る天眼通力が必要最少限のものだという理由がわかってくる。

 わけもなく常時見えていると、それにとらわれて「何故見えたんだろう?」と考え、日常生活がおろそかになる。したがって、神様はやたらに見せるようなことはしない。必要なとき、必要な分だけ見せてくださるのである。また、神様は人間の努力と精進を重んずるので、天眼通力゛か本人の精進努力に障るときは、お見せにならないのが本当だ。私も、除霊や特別なとき以外は一切天眼は開かない。どんなに美しい景色を見ても、絶えず地縛霊の気味悪い顔が見えるとなると、決して幸せな人生であるとはいえないからだ。

↓ブログランキングの応援
 1回クリックよろしくお願いします

ブログランキング
ブログランキング
スポンサーサイト

tag : ワールドメイト 深見東州 半田晴久 通力

コメント

非公開コメント

ワンクリックお願いします!
ブログランキング にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 人気ブログランキングへ
最新記事
プロフィール

Author:美禰子
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
深見東州の著作
神界からの神通力
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード