ツノに象徴される龍神の権力欲297

深見東州先生(=半田晴久氏)は、ワールドメイトのリーダーです。

このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「神霊界」を紹介しています。中間役の神々、除霊の奥義、正しい霊能力などについて解説しています。

深見東州の「神霊界」(18)

ツノに象徴される神の権力欲
 
 の特色をひと言で表現するならば、それはパワーである。もの凄いパワーである。天地をも動かすほどのパワーである。神信仰をしたことのある方なら誰でもおわかりになると思うが、がつくと信じられないほどの力が全身にみなぎり、ときとして驚異的な霊能力を発揮することもある。それほどのパワーを秘めているのだ。
 
 だがしかし、この爆発的なエネルギーを誇るのパワーも、当の本人がよほど錬磨されていないと、誤った方向に向かう危険性を秘めている。その誤った方向とは何かといえば、すなわち、権力欲と恋愛欲である。
 
 狐がついた場合は「われよし」心の金銭欲と小ざかしい奸知、ウソ、ヒステリー。そして蛇がついた場合にはヌメヌメした色欲と金銭欲、根性のない迷妄の人生に向かいやすいということは、『神界からの神通力』で述べたとおりだが、の場合は権力欲と恋愛欲。この二つが大きな落とし穴になるのだ。まずは、権力欲からご説明しよう。
 
 龍の頭には日本のツノが生えている。一般に、ツノは権力の象徴といえるが、龍の二本のツノは、まさにこれに相当する。

 あたかも、これからケンカをしようとする犬が耳をピーンと立てるように、二本のツノを屹立させ、何ごとに対しても、
 
 「俺が、俺が」
 
 「我こそは、我こそは」
 
 「我が教団は、我が教団は」
 
 と、権力を求めるのが龍である。

↓ブログランキングの応援
 1回クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
スポンサーサイト

tag : 深見東州 ワールドメイト 半田晴久 守護霊 色欲

コメント

非公開コメント

ワンクリックお願いします!
ブログランキング にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 人気ブログランキングへ
最新記事
プロフィール

美禰子

Author:美禰子
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
深見東州の著作
神界からの神通力
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード