正しくない龍とは303

深見東州先生(=半田晴久氏)は、ワールドメイトのリーダーです。

このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「神霊界」を紹介しています。中間役の神々、除霊の奥義、正しい霊能力などについて解説しています。

深見東州の「神霊界」(24)

 それでは、正しくない龍とは如何なるものであろうか。
 
 それには大きく分けて三つある。人霊化身の龍は論外である。
 
 まず第一は、はぐれ龍神である。正神界の眷属であったものが、はぐれて独自の一派を形成しているものである。次に、最も恐ろしい自然霊の龍神。最後に、大蛇が龍化している蛇龍といわれるものである。
 
 これらは、正神界の正しい眷属ではない龍の代表である。詳細については、次回の出版に委ねたい。
 
 ところで、このようなことを書いていると、非難ごうごう、関係者の方々から石でも飛んできそうな気がするが、私がここでいいたいのは、龍だからいいとか悪いということではなく、宗教団体にしても何にしても、それぞれの時代に必要だから、天界の仕組みに従って主神が降ろされる、ということなのだ。
 
 釈尊がいわれたように、この世は諸行無常である。常なるものは一つとしてなく、全て生成化育発展しているのである。自然も宇宙も霊界も、そして人間社会も科学技術も、全て一時たりとも停滞することなく、絶えず発展を遂げている。これが、宇宙森羅万象の実相である。
 
 宗教も同様である。そのときどきに必要な宗教を、必要な形態をもって主神は降ろされるのである。

↓ブログランキングの応援
 1回クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
スポンサーサイト

tag : 深見東州 ワールドメイト 半田晴久 龍神 天界 眷属 宇宙

コメント

非公開コメント

ワンクリックお願いします!
ブログランキング にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 人気ブログランキングへ
最新記事
プロフィール

美禰子

Author:美禰子
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
深見東州の著作
神界からの神通力
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード