帝国主義と黒龍304

ワールドメイトは、深見東州先生(=半田晴久氏)が教祖の宗教団体です。

このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「神霊界」を紹介しています。中間役の神々、除霊の奥義、正しい霊能力などについて解説しています。

深見東州の「神霊界」(25)

帝国主義時代、地球は黒でおおわれていた

 は国家、なかんずく軍隊と関係があるので、今度はそれを簡単にお話ししよう。
 
 これまで何度も述べてきたように、の特色はパワーと威厳である。これに対して軍隊は、国の力の象徴であり、他国を威嚇する手段である。それゆえ、軍隊とは非常に密接な関係にあり、軍隊の背後にはがいることが多いのである。
 
 肩をいからせ胸を張り、軍靴の音も高らかに、他を圧するように突き進む軍隊行進。うねうねと蛇行する隊列。あの威風堂々の姿は、の姿をそのまま写したものである。
 
 とにかく龍は、力と威厳を象徴する存在であり、現実界でそれを最もストレートなかたちで現しているのが軍隊なのだ。
 
 ところで、歴史上、軍隊が歴史のおもて舞台に出てきたことが何度かある。たとえば、かつてのローマ帝国の時代。あるいはチンギス・ハンの蒙古帝国の時代。そして、七つの海を制したといわれる、十八世紀から十九世紀前半にかけての大英帝国の時代。これらはいずれも、軍隊がおもて舞台に現れて、政治、経済、社会、そして歴史を動かしていた時代ということができる。

 目を日本国内に転ずれば、源平合戦の時代、南北朝時代あるいは戦国時代などがこれに相当しよう。さらにいうならば、鎌倉時代から江戸時代までの、いわゆる武家政治が行われた時代は全て、軍隊の時代であり、文明の醸造時代であったともいえよう。

↓ブログランキングの応援
 1回クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
スポンサーサイト

tag : 深見東州 ワールドメイト 半田晴久 軍隊 戦争 ローマ帝国

コメント

非公開コメント

ワンクリックお願いします!
ブログランキング にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 人気ブログランキングへ
最新記事
プロフィール

美禰子

Author:美禰子
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
深見東州の著作
神界からの神通力
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード