働きはあっても愛がない312

ワールドメイトは、深見東州先生(=半田晴久氏)が教祖の宗教団体です。

このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「神霊界」を紹介しています。中間役の神々、除霊の奥義、正しい霊能力などについて解説しています。

深見東州の「神霊界」(33)

 なぜか。それは、神使、眷属には役割と働きはあっても、や高度な判断力、咀嚼力がないからである。
 
 こういっても、ピンとこない方がいらっしゃるであろう。そこで、ひとつ例をあげてご説明しよう。
 
 たとえば、アメリカ軍の最精鋭部隊・グリーンベレー。彼らは、ただ戦うことだけを任務とし、敵を倒すことだけを義務づけられている。遮二無二戦って敵を倒す。これが彼らに課せられた使命である。その彼らが、攻撃せよ!との命令を受けて敵陣に攻め入った。そこで、年端もいかない少年兵と対峙したとしよう。このとき、
 
 「こんな少年を殺すのは、人道上許されない」
 
 と、人情的になって、攻撃を中止したとしたらどうであろう。グリーンベレーとしては完全に失格であるといわざるを得ない。人道上許されるとか許されないとかは、上官、さらには司令官、そして最終的には大統領が判断することであって、グリーンベレーとしては、ただ命令を忠実に実行すればいいのである。

↓ブログランキングの応援
 1回クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
スポンサーサイト

tag : 深見東州 ワールドメイト 半田晴久 眷属 グリーンベレー アメリカ軍

コメント

非公開コメント

ワンクリックお願いします!
ブログランキング にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 人気ブログランキングへ
最新記事
プロフィール

Author:美禰子
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
深見東州の著作
神界からの神通力
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード