龍の性格317

深見東州先生(=半田晴久氏)は、ワールドメイトのリーダーです。

このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「神霊界」を紹介しています。中間役の神々、除霊の奥義、正しい霊能力などについて解説しています。

深見東州の「神霊界」(38)

 古来、英雄色を好むといわれる。英雄と呼ばれるほど力のある人物は恋愛欲もまた強い、というのがこの言葉の意味であろうと思われるが、これほど端的にの性格をいい表したものはほかにない。
 
 権力志向の強い人、何でも俺が俺がという人、人の上に立たなければ気が済まない人、こういう宗教家や霊能者には大方、がついている。もちろん、天狗や狸も合体していて、狐も霊視能力を与えているだろう。そして、そのような人はたいてい心の修養ができていないので、恋愛欲に走って、人の道を踏みはずしてしまうのである。
 
 人の道を踏みはずす原因には、大きく分けて三つある。
 
 第一はお金。異常なくらいお金にどん欲になるあまり、人を苦しめ泣かす。あるいは、不正な手段でお金を手に入れたり、お金を運用する。こうして、人としての道を踏みはずし、地獄界に自らの御魂を堕とすのである。
 
 第二は権力。とにかく権力を手に入れたい、人を蹴落としてまでも権力を手にしたい。こうして、次第に周囲の反発を買い、自ら道を閉ざしてしまうのである。
 
 第三は女性問題。これはいま述べたとおりである。
 
 こうしてみると、の落とし穴はいずれにも当てはまるといえよう。お金も権力も女性問題も、全ては俺が俺がという、我心我欲から生まれるものである。清涼の神霊世界にその御魂の位置を据え、人を活かし、同時に自分も活かすという、人としての心の教養と錬磨ができていれば、の落とし穴にはまることはないのであるが、それができていないと、どうしても、これら三つの問題のいずれかで引っかかってしまうのである。だからこそ、私はくどいくらい、
 
 「神だけを信仰していると、道を踏みはずしてしまいますよ。おかしな霊界に行ってしまいますよ。それでも、のパワーがほしい、霊能力がほしいというのなら、主神を信仰して、心の修養を充分積んでからにしなさい」
 
 といっているのである。
 
 読者の皆様の中に、龍神に興味をもっている方がいらっしゃるならば、そのへんのことを充分にお考えになっていただきたいと思う。

↓ブログランキングの応援
 1回クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
スポンサーサイト

tag : ワールドメイト 深見東州 半田晴久 除霊

コメント

非公開コメント

ワンクリックお願いします!
ブログランキング にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 人気ブログランキングへ
最新記事
プロフィール

Author:美禰子
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
深見東州の著作
神界からの神通力
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード