人間としての魂の修行332

ワールドメイトは、深見東州先生(=半田晴久氏)が教祖の宗教団体です。

このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「神霊界」を紹介しています。中間役の神々、除霊の奥義、正しい霊能力などについて解説しています。

深見東州の「神霊界」(53)

人間としての魂の修行
 
 以上、龍と天狗UFOのそれぞれの特色などについて、ざっとご説明してみた。まだまだ書き足りない部分も多いが、だいたいのところはご理解いただけたと思う。そして、私が龍や天狗UFOに対して、どのような気持ちでいるのかも、わかっていただけたと思う。
 
 しかし、世の中には、龍神信仰をする人やこれを奨める人、あるいは修験道で天狗の神通力を身につけようとする人、そして、UFOに異常なほどの関心を持ち、これと交信したがっている人……こんな人がまだまだたくさんいるので、くどいようだが、ここでもう一度、龍、天狗UFOに対してとるべき私たちの態度について述べさせていただきたい。
 
 私は基本的には、龍神信仰は結構なことだと思っている。天狗の神通力も良いことだと思っている。UFOと交信するのも悪くないと思っている。
 
 龍神信仰で難病・奇病が治った。天狗の神通力のおかげで霊薬が見つかった。UFOと交信して別世界を知った。白蛇信仰のおかげで大金が入り、倒産をまぬがれた……これらは実際にあることである。そして、決して悪いことではない。いいことである。
 
 だが、病気が治ればそれでいいのか。お金が入ればそれでいいのか。いや、絶対違う。それだけで終わりににしては絶対にいけない。
 病気が治り、お金が入ったあと、必ずやらなければならないことが残っているのだ。人間としての魂の修行が残っているのだ。
 
 芸術性を磨き、より美しく、より大らかに、より緻密に天地自然の法則や先人の知恵を学び、より明るく、より前向きに、より健康的に生き、喜ばれるように、役立つように、常々努力して世のため人のために働く-これが人としてやらなければならない魂の修行である。胎蔵界の仏様の如き自己向上の修行と、衆生を救う金剛界の仏様の如き、善徳高揚の修行なのである。
 
 この修行が残っているのだ。が、現実はやらない人がほとんどである。病気が治って良かった、お金が入ってよかったで終わってしまっている人が多いのだ。

↓ブログランキングの応援
 1回クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
スポンサーサイト

tag : ワールドメイト 深見東州 半田晴久 御魂 龍神 天狗 UFO

コメント

非公開コメント

ワンクリックお願いします!
ブログランキング にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 人気ブログランキングへ
最新記事
プロフィール

美禰子

Author:美禰子
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
深見東州の著作
神界からの神通力
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード