愛念と真心358

ワールドメイトは、深見東州先生(=半田晴久氏)が教祖の宗教団体です。

このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「神霊界」を紹介しています。中間役の神々、除霊の奥義、正しい霊能力などについて解説しています。

深見東州の「神霊界」(79)

 術と術の応酬、力と力の応酬では、たとえこれに勝ったとしても相手は心から納得しない。それどころか、術と術、力と力の戦いで敗れると、一層凶悪化し、怨みを深くするのが怨念霊の常である。

 これは、現実界で行われるケンカや戦争と同じである。完膚なきまで打ち負かせば、相手はおとなしくなろう。しかしそれは、あくまでも一時的かつ表面的なことにすぎないのであって、敵対感情は怨念と化し、ますます心の奥に根を張り、容易に解消できなくなってしまうのである。

 逆に、憑依霊の霊力のほうが除霊する者の霊力より勝っているときはどうか。この場合は、救霊師をさんざん翻弄してせせら笑い、態度を硬化させて、より一層邪悪な念を送ってくることが多い。また、ときとして救霊師をも狂わせることもある。

 したがって力と力、術と術との対決に心を奪われていては、除霊に失敗することになりかねないのである。もちろん、相手に対応できるだけの術と力は必要だが、やはり最後は、愛念真心で締めくくるべきである。

 愛念真心。これが除霊の、いや、除霊のみならず神霊に守られ、人々の誠意と敬意を勝ちとる人生の極意といってよいだろう。

 だが、その愛念真心も、自分の事情や相手が誰であるかによって変わるようでは、本当の愛念、本当の真心とはいえない。何ものにも左右されない、普遍的な愛念真心でなくてはならない。そして、その普遍的な愛念真心は、結局、神より来たるもの以外にはないのである。

 それゆえ、本当の救霊師とは、何よりもまず、山のように揺るがざる固い信仰心と、ほとばしるほどの強い愛念の持ち主をいうのである。

 もちろん、霊能力や術も必要である。だがそれは、あくまで二次的、副次的なものであって、変わらざる信仰心と強い愛念とに裏づけられて、初めて活かされるものなのである。

↓ブログランキングの応援
 1回クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
スポンサーサイト

tag : ワールドメイト 深見東州 半田晴久 愛念 真心

コメント

非公開コメント

ワンクリックお願いします!
ブログランキング にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 人気ブログランキングへ
最新記事
プロフィール

美禰子

Author:美禰子
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
深見東州の著作
神界からの神通力
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード