達人の域に至る極意364

ワールドメイトは、深見東州先生(=半田晴久氏)が教祖の宗教団体です。

このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「神霊界」を紹介しています。中間役の神々、除霊の奥義、正しい霊能力などについて解説しています。

深見東州の「神霊界」(85)

 「それだ!」

 宗矩は思わず叫んだ。

 「その死の覚悟、それこそがあなたの胆を練っているのだ!あなたこそ本当の達人だ。私の目に狂いはなかったのだ」

 このエピソードは無念無想一切放下の境地、達人の域に至る極意を教えているようで、非常に面白い。

 つまり、無念無想一切放下の境地に達するには、全ての想い、すなわち地位、名誉、財産、家族、そして命に至るまでの、ありとあらゆるものに対する執着心を捨て、大死一番、越えて勇に出でんとする玄境が要るのである-このように、このエピソードは教えていると思うのだ。

真剣の使い手、近藤勇の秘密

 もうひとつご紹介しよう。今度の主人公は、ご存じ新撰組隊長・近藤勇

 彼は、ひとたび真剣を握れば、鬼神もこれを避けるというほどの剣の達人であった。だが、竹刀での稽古では意外なほど弱かった、ということはあまり知られていない。彼は、新撰組局長になる直前まで、天然理心流を流派とする試衛館の道場主であったのだが、このころから、門弟の土方歳三や沖田総司らにコロコロと負かされていたという。

 ところが、上洛して新撰組局長となってからというもの急激に腕が上達し、またたく間に達人の域に達してしまったのである。もっとも、稽古では相変わらず弱かったのだが、ひとたび真剣を握って敵と対峙するや全くの別人と化し、当たるを幸い、敵をバッタバッタと切り倒し、勤皇の志士たちから蛇蝎の如く忌み嫌われたというのだ。

↓ブログランキングの応援
 1回クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
スポンサーサイト

tag : ワールドメイト 深見東州 半田晴久 近藤勇 境地 極意

コメント

非公開コメント

ワンクリックお願いします!
ブログランキング にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 人気ブログランキングへ
最新記事
プロフィール

美禰子

Author:美禰子
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
深見東州の著作
神界からの神通力
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード