犬神のたたり373

ワールドメイトは、深見東州先生(=半田晴久氏)が教祖の宗教団体です。

このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「神霊界」を紹介しています。中間役の神々、除霊の奥義、正しい霊能力などについて解説しています。

深見東州の「神霊界」(94)

 「そんなことはないと思うが、もしかしたら我利我欲が出ているのかもしれない。虚心坦懐に徹せねば……」

 神に祈り直したあと、再びA子さんと対座した。だが、やはりうまくいかない。今度は何も考えられないのだ。私は全くの無の空間に置かれ、何も考えることができなくなってしまったのである。そればかりではない。全身の血の気が引いて、もんどり打って、椅子から倒れてしまったのだ。

 そこで、再び、十分ばかり小休止をすることにした。

 「いったい何が憑依しているのだ。これはただ者ではないぞ。もの凄く手強い相手だ」

 だが、降参するわけにはいかない。この十分間の小休止の間に、ある秘儀を思い出した。

 「そうだ、自分が怨念霊になりきって、相手の内に飛んでいけば正体がわかるはず」

 この秘儀についてはまだ明かすわけにはいかないが、一時的に相手の霊波に自分のチャンネルを合わせ、相手の中に飛び込んで行った。

 そこにはなんと、何百匹もの犬がいたのである。いずれも凶悪な姿をしており、邪悪な念を送り続けている。

 「なるほど、これだったのか。犬神だったのか」

 これで謎が解けた。A子さんの家の壁が鋭い爪のようなもので削られたのも、全て犬神たたりによるものだったのだ。

↓ブログランキングの応援
 1回クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
スポンサーサイト

tag : ワールドメイト 深見東州 半田晴久 犬神 たたり 怨念霊

コメント

非公開コメント

ワンクリックお願いします!
ブログランキング にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 人気ブログランキングへ
最新記事
プロフィール

Author:美禰子
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
深見東州の著作
神界からの神通力
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード