神様の目に適うだけの人の道での苦労386

ワールドメイトは、深見東州先生(=半田晴久氏)が教祖の宗教団体です。

このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「神霊界」を紹介しています。中間役の神々、除霊の奥義、正しい霊能力などについて解説しています。

深見東州の「神霊界」(107)

 これらの人々は、修行らしい修行を全くしないで、霊能力や超能力を得たのである。ただ純粋で親孝行で、人の道において苦労していただけなのである。つまり、

 「神の社となるに足る人物だ。愛と誠をもって人々を救済してくれる人だなあ」

 という神様の目に適うだけの、人の道での苦労をしてきたのである。

 では、その人の道での苦労とは何か。それは、ひと言でいうなら捨てる修行である。我欲や人欲を捨てる修行である。霊能力を得たい、超能力を得たいなどという気持ちは一切もたず、人が良くなり世の中が良くなるためなら、自分の命を捨てても構わないという気持ちで日常生活を精いっぱい生きていたわけである。

 その気持ちに神様が感応して、神様のほうから訪ねてきてくれたわけである。

 たとえば先のジャンヌ・ダルクにしても、「フランスを救え!」という神託が降ったとき、

 「そうですか、わかりました。私にはこれだけの神通力があるので、仰せのとおりフランスを救いましょう」

 というのではなかった。

 「こんな私にそんな大きなことができるのでしょうか。でも、神様がおっしゃるのでしたら、この命を捨ててでも神様の命令に忠実に生きたいと思います」

 という純粋な気持ちで応えたのである。だからこそ、わずか十三歳の少女が、以後、艱難辛苦を越えてあれだけの大業をなし遂げることができたのである。

↓ブログランキングの応援
 1回クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
スポンサーサイト

tag : ワールドメイト 深見東州 半田晴久 フランス ジャンヌ・ダルク

コメント

非公開コメント

ワンクリックお願いします!
ブログランキング にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 人気ブログランキングへ
最新記事
プロフィール

美禰子

Author:美禰子
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
深見東州の著作
神界からの神通力
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード