朱子学と陽明学398

ワールドメイトは、深見東州先生(=半田晴久氏)が教祖の宗教団体です。

このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「神霊界」を紹介しています。中間役の神々、除霊の奥義、正しい霊能力などについて解説しています。

深見東州の「神霊界」(119)

朱子学と陽明学はここが違う

 先天の修行、人としての誠の道というものがどのようなものであるか、くどいようだが、もう少しご理解いただくために、朱子学と陽明学をとりあげて述べてみたい。

 ご存じのように朱子学も陽明学も、ともに儒教の流れを汲む学問であるが、その解釈・主張はだいぶ趣きが異なる。

 孔子が教えた儒教は、漢の時代に入ると訓詁学が主流を占めるようになった。つまり、教典の字句解釈、研究ばかりにエネルギーの大半が費やされるようになったのである。

 そうして、時代がさらに下がって宋代に至ると、そのような訓詁学を批判する四人の賢人が現れたのであった。すなわち周濂渓(しゅうれんけい)、程明道(ていめいどう)、程伊川(ていいせん)、張横渠(ちょうおうきょ)の四人である。

 「儒教の形式ばかり見ていないで、もっと奥にある真実を見なくてはならない」

 彼ら四人は、このように主張したのであるが、この四人の思想をまとめたのが朱子である。朱子は、のちの東京大学の前々々身・昌平坂学問所の教科書として取りあげられることになる『近思録』を著し、その中で、

 「人間は、学ぶことによって聖人に至ることができる」

 と主張した。

 これに対して、同じ儒教の流れを汲みながらも、陽明学の祖・王陽明が説くところはだいぶ違っている。彼はいう。

 「聖人はもともとある。我々の天性に内在しているのだ。だが、人の欲望がこれをおおい隠してしまっているため、表に現れない。だから、欲望をなくし続けて、眠っている聖人を出すことが大切なのだ。学問することで聖人に至るのではない。もともとあるのを引き出すのである」

 と。ここらあたりが、朱子学と陽明学との決定的な違いといえるだろう。彼はさらに続けていう。

↓ブログランキングの応援
 1回クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
スポンサーサイト

tag : ワールドメイト 深見東州 半田晴久

コメント

非公開コメント

ワンクリックお願いします!
ブログランキング にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 人気ブログランキングへ
最新記事
プロフィール

Author:美禰子
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
深見東州の著作
神界からの神通力
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード