動中の静401

ワールドメイトは、深見東州先生(=半田晴久氏)が教祖の宗教団体です。

このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「神霊界」を紹介しています。中間役の神々、除霊の奥義、正しい霊能力などについて解説しています。

深見東州の「神霊界」(122)

「本当の修行は動中の静にある」

 日常生活の中での修行の大切さを説いている人は日本にもいる。それは、江戸中期、臨済宗中興の祖といわれる白隠禅師である。彼はこのようにいっている。

 「静中の静に比べて、動中の静は百万倍難しい」

 静中の静とは、山の中の静かなところで心を律すること、座禅をすることなどである。動中の静とは、日常の俗世間で自分の心を律すること。あるいは、活自在に動き、動く中での虚静玄妙たる禅定の境域のことでもある。つまり、白隠禅師は、

 「山の中での修行は誰だってできる。だがひとたび俗界に下りてきて生活を始めたら、異性関係は乱れ、お金では欲望に目をくらませ、人間関係では激しく葛藤する。これがもっぱらである。そのようなのは本当の修行ではない。本当の修行とは動中の静にある。すなわち、日常生活の中で座禅をしているような、外相にとらわれない静かな境地を維持しなければならない」

 と説いているわけである。

 全くそのとおりであると思う。白隠禅師のいう「動中の静」にこそ、神人合一の道が示されているのである。

 職業を持ち、家庭を営む。この一日二十四時間の瞬間瞬間に修行があるわけなのだ。

↓ブログランキングの応援
 1回クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
スポンサーサイト

tag : 深見東州 ワールドメイト 半田晴久 動中の静 白隠

コメント

非公開コメント

ワンクリックお願いします!
ブログランキング にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 人気ブログランキングへ
最新記事
プロフィール

美禰子

Author:美禰子
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
深見東州の著作
神界からの神通力
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード