動物霊はたたるのか?042

深見東州先生(=半田晴久氏)は、世界中に愛をワールドメイトのリーダーです。

深見東州の「神界からの神通力」(42)

動物霊障について

 動物霊とは、文字通り動物の霊を意味する。一般の霊能者は動物霊のたたりの恐ろしさをさかんに喧伝しているが、果たして動物霊が本当にたたるのかどうか、これについてまず述べておきたい。

 最近、一般の霊能者の見解に対して、一部の霊能者や心霊研究家が「動物霊は一切たたりはしない」という見解を明らかにしているが、私も基本的には同じ考えである。だが、動物霊の全部が全部、障りはしないかというと、そうではない。例外も多いのである。

 確かに、人間を惑わしたりわるさをする狐、狸、蛇などは、ほとんど人霊の化けたもののであって、文字どおり動物霊が悪影響を及ぼすことはきわめて希であるといえる。しかし、私がこれまで見てきた限り、動物霊でもたたることがあるのだ。

 どんな動物であろうと、殺されて、

 「どうもありがとう。ちょうど今、死にたいと思っていたところなんだ」

 と、お礼を言うことは絶対にない。殺気を感じたら、すばやく逃げ回るのが動物である。したがって、動物は殺されることに何らかの悪感情を抱いていることは間違いない。

 その最たるものが、殺されて、しかも食べられた蛇の怨念霊である。この場合たたりは強烈であることが多い。しかし、なんといっても動物霊の悪感情は、人霊が化身して狐や狸になっている場合と比べるときわめて微弱であり、その障りも、はるかに小さいものであることも事実。また、人霊が怨んでいる念のように、直接肉体に及ぶことは少ないともいえる。

 だがしかし、一体一体の影響は微弱であっても、それが大量に積み重なると、通常人霊のたたりよりはるかに恐ろしい霊障を引き起こすことがあるのである。

 このような場合は、誠意と至純の愛より発するところの、真の供養を行う必要があるのである。

↓ブログランキングの応援
 1回クリックよろしくお願いします

スポンサーサイト

tag : 動物霊 ワールドメイト 深見東州 半田晴久 霊障

コメント

非公開コメント

No title

さて、クジラ漁やイルカ漁が世界から非難されているのは、供養が足りなかったのですかね
牛や豚、鳥がいくら殺されても、世界的に非難は浴びないが、
その分、その国や個人に恨みが、どのように影響するのか。
キリスト白人世界のエゴや慈愛が通じる世界なのだろうか。

現在、イスラム(豚を食わない)と、キリスト西洋圏の争いがあるが、
イスラムの敗因となる原理は何なのか。霊力の覇道(波動)として問いたい。
アメリカ・オーストラリア大陸の先住民が、ほぼ全滅して
インド~東南アジア~極東アジアの民が、どうして生き残びることができたのか。
仏の悟りのおかげ、儒教のおかげ。日本の神様のパワーの限界は?

みんなが幸せになれる、強い国とはどうやれば作れるのだろうね
ワンクリックお願いします!
ブログランキング にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 人気ブログランキングへ
最新記事
プロフィール

Author:美禰子
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
深見東州の著作
神界からの神通力
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード