昭和三十七年に逆転した426

ワールドメイトは、深見東州先生(=半田晴久氏)が教祖の宗教団体です。

このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「神霊界」を紹介しています。中間役の神々、除霊の奥義、正しい霊能力などについて解説しています。

深見東州の「神霊界」(147)

 仏教は月神霊界が司っているというと、奇異に感じられる方がいらっしゃるかもしれない。だが、これは事実なのである。先にも述べたように、仏教は、月神霊界の主宰神・月照彦神様とお釈迦様とが合体して起こした宗教なのだ。さらにいうなら、仏教が起こったインドという国は国全体が月神霊界に包まれているのである。それゆえ、インドのことを別名、月氏国(げっしこく)と呼んだりするわけだ。

 以上、幕末から明治維新にかけての時代が神霊世界の移行期にあたることを、象徴的に表す事象をいくつかピックアップしてご説明したが、これでだいたいおわかりいただけたことと思う。

現実界はこのように変化する

 さて、明治天皇が即位されたのと時を合わせて、太陽が東の地平線上にその一部を現し、それ以後、加速度的に明るさが増していくわけだが、太陽がその全体を現しきったときはいつかというと、昭和三十七年である。

 どうしてそんなことがわかるのか、なぜそんなことがいえるのかと疑問に思う方もいらっしゃるだろう。だが、これは神霊世界の事実なのである。今日まで誰も明かさなかった神霊世界の秘密なのである。

 こればかりは信じていただくしかないのだが、とにかく、昭和三十七年を境に、月と太陽の関係は逆転したのである。

↓ブログランキングの応援
 1回クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
スポンサーサイト

tag : ワールドメイト 深見東州 半田晴久 昭和

コメント

非公開コメント

ワンクリックお願いします!
ブログランキング にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 人気ブログランキングへ
最新記事
プロフィール

Author:美禰子
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
深見東州の著作
神界からの神通力
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード