霊が巨大化する…強烈な想いにペットの霊が巨大化044

深見東州先生(=半田晴久氏)は、世界中に愛をワールドメイトのリーダーです。

深見東州の「神界からの神通力」(44)

 このことについては水子霊のところでも述べたが、本人が「かわいい、かわいい」と命よりも大切にし、死んだあとも「かわいそう、かわいそう」と強烈に想っていたため、その念で、本来小さな鳥の霊も巨大化してしまったのである。

 聞けば、彼女がピーコの話をするときは、いつも自然に悲しくなり涙が流れて止まらない、ということであった。

 除霊は数分間で終わった。

 「あれ、先生。私、なんだか胃がスッキリして、急におなかがすいてきました。いつも胃がムカムカして食欲がなかったのに、なんだか不思議。それから、膝の関節がいつも痛かったのに、楽になりました。本当に不思議だわ」

 彼女は不思議そうな顔をしながら、爽快な笑みをもらした。

 「もうピーコは完全に救われたのですから、今後は一切、ピーコのことは忘れるんですよ。わかりましたね」

 このように諭してその日は別れた。

 その数日後、彼女から電話がかかってきた。

 「先生、また、お友だちにピーコのこと話しちゃった。けれど、今度は全然悲しくならず、涙も出ませんでした。胃の具合も、最高に調子いいです」

 とのこと。やれやれである。

 このように、小さな手乗り文鳥一羽の霊でも、飼い主の心が真に宿ると、はっきりとした意志を持ち、霊も巨大化して、人間の言語や感情をよく理解するようになるのである。ペットを飼ったことのある方なら、おわかりいただけると思う。

 それから、死んだあと、いつまでも飼い主が想い続けると、その霊は本人や家族の体に憑いて、軽度の霊障を引き起こすこともあるのである。先ほどの女性の場合がいい例である。

 しかし、ペットの場合は人間を怨んでいるわけではないので、数が特別多かったり、よほどの特殊事情がない限り、身体への影響は少ないといえる。ただ、ちょっとした動作やしぐさに妙なクセが出る程度である。

 死んだペットのことは、供養するなら供養して、できるだけ早く忘れるようにしたいものである。

↓ブログランキングの応援
 1回クリックよろしくお願いします

スポンサーサイト

tag : ワールドメイト 深見東州 半田晴久 ペット 霊障 除霊

コメント

非公開コメント

ワンクリックお願いします!
ブログランキング にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 人気ブログランキングへ
最新記事
プロフィール

Author:美禰子
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
深見東州の著作
神界からの神通力
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード