一とは忠恕たり451

ワールドメイトは、深見東州先生(=半田晴久氏)が教祖の宗教団体です。

このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「大天運」を紹介しています。徳を積むことの意味、輪廻転生、前世の秘密、守護霊などについて解説しています。

深見東州の「大天運」(19)

 「そうか、それでわかった」

 そこで早速、ほかの弟子たちに伝えてやった。

 「先生のおっしゃっていることは決して矛盾していない。それどころか、一つのことで貫かれています」

 だが、弟子たちにはわからない。

 「それは何ですか。その一つとは一体何ですか」

 「一とは忠恕たり」

 この曾参の説明を聞いて、初めて孔子のいっていることが理解できた。

 以上のような話が残っているが、孔子が真にいいたかったのはこうである。

 すなわち、本来親には孝を尽くさねばならないのたが、親のいうことばかり聞いていて大道に徹底できない人間には、ときには親不孝をしてでも、礼や義に徹しなければならないことを教えてやり、暴力はいけないことだが、殴られなければわからない人間には、ときには殴ってでも正して道を教えてやる。これが忠恕。つまり、本当の真心と思いやりなのだというわけである。このあたりのニュアンスは『孟子』にもっと詳しく説かれているので、参照されたい。

↓ブログランキングの応援
 1回クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
スポンサーサイト

tag : ワールドメイト 深見東州 半田晴久

コメント

非公開コメント

ワンクリックお願いします!
ブログランキング にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 人気ブログランキングへ
最新記事
プロフィール

Author:美禰子
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
深見東州の著作
神界からの神通力
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード