感動を体得し続けていくこと455

ワールドメイトは、深見東州先生(=半田晴久氏)が教祖の宗教団体です。

このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「大天運」を紹介しています。徳を積むことの意味、輪廻転生、前世の秘密、守護霊などについて解説しています。

深見東州の「大天運」(23)

 たとえば、絵の真髄とは何か、と疑問を発して、いろいろな人に尋ね歩いたとする。その結果、会う人ごとに、「それは線だ」、「いや構図だ」、「いや色彩だ」、「全体の感覚だ」とかいわれたとして、果たして真髄が明確になるだろうか。わかったような、わからないような感じがするだけであろう。

 そんな言葉による解説を聞くより、レンブラントやコローが心血を注いで描いた本物を、じっくり見てみることだ。理屈を越えた魂の感動が伝わるに違いない。それが真髄なのである。だから、絵の真髄とは何かを体得したければ、実際に絵筆を取ってみればいいのだ。下手でもいい。技術が未熟でもいい。どんなに時間がかかってもいいから、自分なりの絵を楽しんで、技術的にも美的にもレンブラントやコローの感動に向かって、一歩一歩向上し続けたらいいのである。

 浅くてもいいから芸術的感動を体得し続けていくことが、真髄を識っていくことなのだ。

 これが、魂の芸術としてとらえる絵画である。絵画の道ともいえるものなのだ。これは絵画に限ったことではない。書でも絵でも音楽でも、およそ芸術と名のつくものは、すべてそうなのである。

↓ブログランキングの応援
 1回クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
スポンサーサイト

tag : ワールドメイト 深見東州 半田晴久

コメント

非公開コメント

ワンクリックお願いします!
ブログランキング にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 人気ブログランキングへ
最新記事
プロフィール

美禰子

Author:美禰子
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
深見東州の著作
神界からの神通力
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード