無形の宝とは何か480

ワールドメイトは、深見東州先生(=半田晴久氏)が教祖の宗教団体です。

このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「大天運」を紹介しています。徳を積むことの意味、輪廻転生、前世の秘密、守護霊などについて解説しています。

深見東州の「大天運」(48)

善を実践して徳を積もう

 さて、いよいよ、無形の宝とは何かについて考えてみよう。洞察の鋭い方はもうおわかりのことと思うが、無形の宝とは、神霊世界に当てはめていえば、「徳と功侯(こうこう)」である。徳だけでは無形の宝とはいえない。徳と功侯がそろって初めて、無形の宝になるのである。

 無形の徳を積み、功侯を授かれば、これが「一陽」の「福」となる。そうして、無形の宝を積んで積んで積み重ねていくと、やがてそれは、「化する働き」によって人間の幸福、すなわち、有形の福徳に化するのである。

 では、目に見えない徳を積むとは、どういうことなのであろうか。功侯については後述することにして、徳については、ひと言でいえば、「人に益する行いをすること」、これが善であり徳である。目に見える形で益するか、目に見えない形で益するかはともかく、人にプラスになること、人に益することをしてあげることが、徳を積むことになるわけである。もっと厳密にいえば、これは「地徳」といわれるものである。

 このほかにも徳には、自己を修養することで得られる霊光である「人徳」、天理と神霊世界の法則を識って太極の主神を動かし、至誠の信仰力にて諸天善神を動かし、才能を磨いて御魂に色彩を加える「天徳」などがあるが、詳細は省かせていただく。

↓ブログランキングの応援
 1回クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
スポンサーサイト

tag : ワールドメイト 深見東州 半田晴久

コメント

非公開コメント

ワンクリックお願いします!
ブログランキング にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 人気ブログランキングへ
最新記事
プロフィール

Author:美禰子
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
深見東州の著作
神界からの神通力
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード