独善、偽善482

ワールドメイトは、深見東州先生(=半田晴久氏)が教祖の宗教団体です。

このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「大天運」を紹介しています。徳を積むことの意味、輪廻転生、前世の秘密、守護霊などについて解説しています。

深見東州の「大天運」(50)

 「独善」とは、自分ひとりが善だと思うこと、つまりひとりよがりである。これについては、改めてご説明するまでもないだろう。広い知恵が足りないのである。『論語』にある「思いて学ばざれば、即ち危うし」の危ういとは、この独善の危険を戒めているものにほかならない。

 二番目の「偽善」とは、形の上だけ善で、心の中は善ではないということ。『神界からの神通力』の第七章で述べた、天理教のおばあさんの話を思い出していただきたい。あのおばあさんはたしかに生前、体施、物施、法施に徹していた。死んで霊界へいったら、そこは真っ暗闇だった。そこで、闇の中で、

 「こんなはずじゃない、こんなはずじゃない」

 といっていたのだ。では、なぜ体施、物施、法施に徹していたのに真っ暗な霊界へいってしまったのか。それは、心の発するところ、つまり動機が間違っていたからだ。あのおばあさんは、自分が救われたいがために、自分の因縁を切りたいがために、体施、物施、法施に励んでいたのである。この動機が、天の法に引っかかったわけである。

 目に見えない無形の徳とは、まず無形の心、動機を善にしなければ、本当の善とはならないのだ。それをしないで、形の上ばかり善、目に見える結果だけが善なのが「偽善」というわけである。本当の善には、無形の真実である愛と誠がこもっていなければならないのだ。

↓ブログランキングの応援
 1回クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
スポンサーサイト

tag : ワールドメイト 深見東州 半田晴久

コメント

非公開コメント

ワンクリックお願いします!
ブログランキング にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 人気ブログランキングへ
最新記事
プロフィール

美禰子

Author:美禰子
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
深見東州の著作
神界からの神通力
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード