小善483

ワールドメイトは、深見東州先生(=半田晴久氏)が教祖の宗教団体です。

このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「大天運」を紹介しています。徳を積むことの意味、輪廻転生、前世の秘密、守護霊などについて解説しています。

深見東州の「大天運」(51)

 三番目の「小善」は、自分なりに善だと思っても、より大きな目で見たら、むしろ悪になることもある、ということ。つまり、口と心と行いのすべてが善であっても、それだけでは善にならず、大局から見ても善であって初めて、本当の善になるというわけだ。

 本当に、人に益する行いをしよう、善を行おうと思うのならば、この三つの問題をクリアしなければならないのである。

失敗を恐れず至誠を貫け

 このように考えると、善を行うのが怖くなってしまう。人によかれと思って行っても、独善になったり偽善になったり、あるいは小善になるなら、人に益することなど一切考えず、自分のことだけ考えようという気持ちになる。正直いって、私もずいぶん悩んだ。いっそのこと、世のため人のためなどと考えるのはやめにしようと、何度思ったことだろう。

 しかし、私はわかった。そんなことは、神様は先刻ご承知なのだ、ということを。

↓ブログランキングの応援
 1回クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
スポンサーサイト

tag : ワールドメイト 深見東州 半田晴久

コメント

非公開コメント

ワンクリックお願いします!
ブログランキング にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 人気ブログランキングへ
最新記事
プロフィール

美禰子

Author:美禰子
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
深見東州の著作
神界からの神通力
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード