過ちは垢や汚れのようなもの488

ワールドメイトは、深見東州先生(=半田晴久氏)が教祖の宗教団体です。

このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「大天運」を紹介しています。徳を積むことの意味、輪廻転生、前世の秘密、守護霊などについて解説しています。

深見東州の「大天運」(56)

 以上が、「宣り直し」の起源といっているのだが、この話でも明らかなように、日本の神道では、過ちは垢や汚れのようなものと考えるわけである。天地の法則を間違えたものが「積み」重なると「罪」となり、「気が枯れる」から「穢れる」のだというのが、神道の解釈である。だから反対に、神気が充実すると、気枯れ=穢れがなくなるわけだ。

 それゆえ、たとえ穢れても、「宣り直し」をして神気を充実させれば、元に戻るというのである。

 このへんが、キリスト教の永遠の贖罪観との決定的な相違である。そのよし悪しは別として、日本神道では、穢れや失敗は、みそぎをして償えば元に戻せると考えられているのだ。だから、一つの失敗を、永遠に罪だ罪だと悩む必要はない。神様の大いなる御心、絶対の善の基準から見て「見直し」てください、「聞き直し」てください、身の過ちがあれば、品陀和気命が「生き返りました」といったように、「宣り直し」ますから勘弁してください、と真心をもってお詫びをすれば、許していただけるのである。もちろん、失敗した分の挽回は、自分の努力によって為さねばならない。しかし神様は、そのときの挽回努力に対して応援し、神助を与えてくださるのだ。これが神様の愛であり救いなのである。

↓ブログランキングの応援
 1回クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
スポンサーサイト

tag : ワールドメイト 深見東州 半田晴久

コメント

非公開コメント

ワンクリックお願いします!
ブログランキング にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 人気ブログランキングへ
最新記事
プロフィール

Author:美禰子
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
深見東州の著作
神界からの神通力
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード