ヨーロッパナイズされた頑固なキリスト教490

ワールドメイトは、深見東州先生(=半田晴久氏)が教祖の宗教団体です。

このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「大天運」を紹介しています。徳を積むことの意味、輪廻転生、前世の秘密、守護霊などについて解説しています。

深見東州の「大天運」(60)

 これくらい、日本人は失敗や過ちに寛大なのだが、キリスト教文化のヨーロッパではこうはいかない。

 かつて私の友人がこんな話を聞かせてくれたことがある。

 彼がフランスにいったとき、フルーツショップで果物を買おうとした。すると、おばあさんが出てきて、こういった。

 「あんたは日本人か?日本人なら売らない」

 「なぜなんだ、理由を聞かせてくれ」

 というと、

 「私のおじさんはドイツ野郎に殺された。そのとき日本は、ドイツの同盟国だったじゃないか。だから、日本人には売らないんだ」

 と答えたという。

 にわかに信じ難い話ではある。だが、ヨーロッパナイズされた頑固なキリスト教が、欧米人の精神的土壌になっていることを思えば、さもありなんという気がする。イエス・キリストの原点に帰れば、「汝の敵を愛せよ」にならなければならないはずだが……。

↓ブログランキングの応援
 1回クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
スポンサーサイト

tag : ワールドメイト 深見東州 半田晴久

コメント

非公開コメント

ワンクリックお願いします!
ブログランキング にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 人気ブログランキングへ
最新記事
プロフィール

Author:美禰子
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
深見東州の著作
神界からの神通力
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード