御魂を磨き大善に至る496

ワールドメイトは、深見東州先生(=半田晴久氏)が教祖の宗教団体です。

このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「大天運」を紹介しています。徳を積むことの意味、輪廻転生、前世の秘密、守護霊などについて解説しています。

深見東州の「大天運」(66)

御魂を磨き大善に至る

 ところで、この功績は徳を積んだ本人にだけ授けられるように考えられているが、実はそうではない。私たちを守護している守護霊にも功侯が授けられるのである。

 『強運』にも書いたとおり、私たちには誰にも守護霊がついている。そして守護霊は、一日二四時間、一年三六五日、一日の休みもなく、社会保険も年金もなく、さらには給料やボーナスもなく、私たちを守護し続けている。

 ではなぜ、守護霊は私たちを守護し続けているのか。それは愛と誠なのであるが、徳を積んで神様から功侯をいただくためでもある。つまり、守護霊として活躍することで、徳を積む修行をしているわけだ。そして、その修行に合わせた形で功侯が授かり、神霊世界のランクも上がっていくのである。

 だから、私たちが徳を積み功侯を授かることは、同時に守護霊もまた功侯を授かることになるのである。

 さて、徳を積み、功侯を積んでいってあるレベルに達すると、ひとつの悟りの境地に至れるようになる。つまり、小善を積んでいたころに比べて、より大きな善からものごとを見ることができるように御魂が進歩、発展するのである。これを、御魂に智恵と証覚が備わってきたというのだ。

 そして、ここからさらに大善を積んでいくと、より一層大きな徳と、功侯を積むことができるようになるわけである。

 このレベルに至って初めて、世に大いなる貢献ができるのである。大神人、大聖人とは、ここから上の人のことをいうのである。神人合一の境も、だいぶ深まってきているといえよう。

↓ブログランキングの応援
 1回クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
スポンサーサイト

tag : ワールドメイト 深見東州 半田晴久

コメント

非公開コメント

ワンクリックお願いします!
ブログランキング にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 人気ブログランキングへ
最新記事
プロフィール

Author:美禰子
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
深見東州の著作
神界からの神通力
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード