メディテーションは本物ではない512

ワールドメイトは、深見東州先生(=半田晴久氏)が教祖の宗教法人です。

このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「大天運」を紹介しています。徳を積むことの意味、輪廻転生、前世の秘密、守護霊などについて解説しています。

深見東州の「大天運」(82)

メディテーションは本物ではない

 今、坂本龍馬の話をしたが、私たちの才能の開花もこれと同じなのである。御魂の奥に眠っている前世の記憶は、ある人物との出会い、伯楽や九方皐、勝海舟といったような人物との出会いによって、ドーンと飛び出してくることが多いのだ。

 ところで現在、自己の潜在意識を引き出すための瞑想術とかメディテーション、あるいは阿頼耶識(あらやしき)、瑜珈論(ゆがろん)といったものが、一部で盛んに行われているようだが、これは感心しない。なぜなら、これらは自分で自分の意識を呼び起こそうというものだからである。

 何度もいうように、前世の記憶は意識の奥に眠っているのである。深層意識の中にしまい込まれているのである。だから、いくらメディテーションしても何もわからないのである。感覚が少し敏感になる程度だ。それが、社会に発揮できる本当の才能開花のための有効手段であるとは思えない。

 前世の記憶や才能とかいっても、現実にあることがらに対応する自分の感覚のことを指すからである。

↓ブログランキングの応援
 1回クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
スポンサーサイト

tag : ワールドメイト 深見東州 半田晴久

コメント

非公開コメント

ワンクリックお願いします!
ブログランキング にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 人気ブログランキングへ
最新記事
プロフィール

Author:美禰子
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
深見東州の著作
神界からの神通力
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード