四勿主義519

ワールドメイトは、深見東州先生(=半田晴久氏)が教祖の宗教法人です。

このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「大天運」を紹介しています。徳を積むことの意味、輪廻転生、前世の秘密、守護霊などについて解説しています。

深見東州の「大天運」(89)

顔回の四勿主義に学べ

 そのあたりのことは、『論語』にも書かれている。

 あるとき、孔子の弟子の顔回が、師に尋ねた。

 「仁(=他を思いやり、いつくしむ心。)とは何ですか。いかにすれば仁を極めることができるのですか」

 孔子は答えていった。

 「己に克ちて礼に復る(おのれにかちてれいにかえる)。克己復礼(=意志の力で、自らの欲望や邪念にうちかち、礼節に基づいて行動する)こそが仁である。」

 と。つまり、私欲を克服して社会の秩序と天地調和の道である礼に居ることだ。そうすれば何を為してもすべてが仁であり、人と世を生かすことができるだろう、という意味である。

 顔回はさらに尋ねた。

 「具体的にはどういうことですか」

 子曰く

 「礼に非ざれば視ること勿(なか)れ。礼に非ざれば聴くこと勿れ。礼に非ざれば言うこと勿れ。礼に非ざれば動くこと勿れ」

 これを四勿主義というのだが、師の言葉を聞いた顔回はこれを固く守り、以後、四勿主義を貫いて、仁の道を成就した。そのことによって、

 「顔回、三月仁に違わず(がんかい、みつきじんにたがわず)」

 とまでいわれたのである。三月とは三ヶ月のことではない。長い年月の意である。顔回は長い間、仁に違うことがなかった。そのため、孔子に次ぐ聖人ということで亜聖と呼ばれ、後世では復聖ともよばれたのである。

 四勿主義-なんとすばらしい教えであろうか。

↓ブログランキングの応援
 1回クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
スポンサーサイト

tag : ワールドメイト 深見東州 半田晴久

コメント

非公開コメント

ワンクリックお願いします!
ブログランキング にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 人気ブログランキングへ
最新記事
プロフィール

美禰子

Author:美禰子
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
深見東州の著作
神界からの神通力
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード