見ざる、いわざる、聞かざる520

ワールドメイトは、深見東州先生(=半田晴久氏)が教祖の宗教法人です。

このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「大天運」を紹介しています。徳を積むことの意味、輪廻転生、前世の秘密、守護霊などについて解説しています。

深見東州の「大天運」(90)

 ところで、この孔子の言葉、「礼に非ざれば……」を読んで、何か思い出さないだろうか。実は、この四勿主義が「見ざる、いわざる、聞かざる」の三猿の原典となっているのである。この場合は「礼に非ざれば」が抜けているが、

 「悪いことは見ないようにしましょう。悪いことはいわないようにしましょう。悪いことは聞かないようにしましょう」

 というのが本来の意味である。ついでに四番目の「動く勿れ」も解説しておこう。

 「礼に合わないことに心を動かしてはいけない」という意味である。

 ところで、この四勿主義を本来の観点からいい換えると、このようになる。

 「道心これ微か(かすか)にして、人心これ危うし」

 この有名な言葉は、孔子が理想にしていた古代の理想社会の統率者、最高のまつりごとを行っていたとされる帝であり、聖人であり、大政治家でもあった堯(ぎょう)が舜(しゅん)に伝えた、政治と聖道修業の極意とされる文であったのだ。いわば、儒教の根源となっている名文である。

 ここでいう道心とは、求道心や仁というような意味で、人心とは人間の欲望のことである。道心は非常にかすかであるのに対し、人心、つまり欲望はあらゆる局面で不幸な危険を招く、というのがこの言葉の意味である。

↓ブログランキングの応援
 1回クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
スポンサーサイト

tag : ワールドメイト 深見東州 半田晴久

コメント

非公開コメント

ワンクリックお願いします!
ブログランキング にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 人気ブログランキングへ
最新記事
プロフィール

Author:美禰子
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
深見東州の著作
神界からの神通力
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード