蛇霊いろいろ(3)056

深見東州先生(=半田晴久氏)は、世界中に愛をワールドメイトのリーダーです。

このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「神界からの神通力」を紹介しています。正神界のこと、神界と霊界のこと、守護神と守護霊、生霊、水子稲荷信仰、蛇の霊、などについて解説しています。

深見東州の「神界からの神通力」(56)

 蛇のなかには、動物の蛇や人霊が蛇の姿になっているものばかりでなく、神様の眷属、すなわち、神様の使者としての蛇もいる。

 たとえば、大山祇命(おおやまづみのみこと)をご神体とする神奈川県の大山阿夫利神社の眷属は天月鉾命(あめのつきほこのみこと)であるが、これが蛇である。この白蛇は化身して、ある宗教のご祭神となっている。もちろん信者は誰も知らない。また、霊眼の開けた人が東京・西荻窪の井草八幡へ行けば、八幡様の眷属の白蛇がお社をとり巻いているのが見えるはずである。

 眷属の蛇の特徴は、病気治療ができることである。病気治療、心霊治療をする霊能者は珍しくないが、こういう人たちには、この蛇が憑いていることが多い。

 また、当てもの、すなわち近い将来の予言をすることも、この蛇の特徴といえる。予言者と称される人のなかには、この蛇が憑いていて、未来を見せられていることが多い。

 この二つが大きな特徴だが、要するに、眷属の蛇は物質次元に近いのである。高級なご神霊は次元が高すぎて、物質次元にまで降りることができない。そこで、眷属の蛇を使者として遣わし、人間にいろいろな利益をもたらすのである。弁天様は、実は白蛇の化身なのだが、これもそのためである。

 ところが、たとえ神様の使者ではあっても、蛇は所詮動物に過ぎない。現世利益に密着したかたちでいろいろな働きをして見せても、人間の御魂の向上とか人生の本義とというものとは関係がない。

 ここが大切なところである。特に、病気治療や予言をされる霊能者の方々には、よくご承知おきいただきたいと思う。というのは、病気治療や予言はけっこうなことだが、そればかりに専念して、胎蔵界(信と智を磨く)、金剛界(善と徳を磨く)の要素をもって、自分の御魂を向上させることを忘れると、いつしか、正神界の霊層から逸脱してしまうからである。病気治療や予言は、あくまでも人間の御魂を向上させ幸福をもたらすための一要素に過ぎないことを、くれぐれもお忘れにならないでほしいと切に願う次第である。

↓ブログランキングの応援
 1回クリックよろしくお願いします

ブログランキング
スポンサーサイト

tag : ワールドメイト 深見東州 半田晴久 守護霊 水子 稲荷 神通力

コメント

非公開コメント

ワンクリックお願いします!
ブログランキング にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 人気ブログランキングへ
最新記事
プロフィール

Author:美禰子
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
深見東州の著作
神界からの神通力
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード