神様に半分よりかかるような気分で557

ワールドメイトは、深見東州先生(=半田晴久氏)が教祖の宗教法人です。

このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「大天運」を紹介しています。徳を積むことの意味、輪廻転生、前世の秘密、守護霊などについて解説しています。

深見東州の「大天運」(127)

 このような多種類の他力を自由自在に活用する、言葉が悪ければ働いていただくことが大切なのである。だから、

 「自分は今、どうも調子が出ないな。運勢が落ちているな」

 と思うときは、神様に半分よりかかるような気分でいればいいのだ。いや、そうしなければならないのだ。なぜなら、他力に頼る姿勢がないと、我と慢心の凝結を作ってしまうからである。

 人間関係で葛藤した場合、

 「絶対、負けるものか。何としても自力で打ち破ってみせる」

 というのはたくましくて力強い。だが、常にそのような姿勢でいると我の強い協調性のない人間になってしまう。また、微妙、繊細なる柔軟性を失ってしまうことになる。御魂の粒子が荒くなり、霊妙の境が乱れるのである。そして強度の場合は、死後、天狗界や修羅道などの独特の世界に入り込むことになり、正神界には入れなくなってしまうのだ。その意味で、自力的な修業方法である想念術や阿頼耶識活用術などは、片手落ちであるといわざるを得ないのである。

↓ブログランキングの応援
 1回クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
スポンサーサイト

tag : ワールドメイト 深見東州 半田晴久

コメント

非公開コメント

ワンクリックお願いします!
ブログランキング にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 人気ブログランキングへ
最新記事
プロフィール

美禰子

Author:美禰子
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
深見東州の著作
神界からの神通力
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード