ツボにはまっていることが正561

ワールドメイトは、深見東州先生(=半田晴久氏)が教祖の宗教法人です。

このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「大天運」を紹介しています。徳を積むことの意味、輪廻転生、前世の秘密、守護霊などについて解説しています。

深見東州の「大天運」(131)

 このように正とは、キリスト教でいう善悪の観念や宗教倫理に合致していることではない。それよりも、中国思想に照らし合わせるならば、すべての行いにおいて「中」にあること、すなわちツボにはまっていることが正なのである。この中正こそが道を行う原点であり、すばらしい極意だといえるものなのだ。

 ちなみにいえば、台湾の故蒋介石総統の雅号は「中正」であった。この一事だけを見ても、彼が日々何を心がけていたのかがわかる。また、蒋介石がいかに深い学問と高い教養をもっていたか、おわかりになると思う。

 とにかく、宗教にしても学問、芸術にしても、この「中」を得ていれば正しいのである。

 この原則は、神人合一の道においても、何ら異なるところはない。

 他力と自力を考えた場合、想念術、阿頼耶識などというのは、自力のほうに偏している。他力の世界を完全に無視してしまっている。神はすべて内在していると思い込んでしまっている。反対に南無阿弥陀仏とかキリスト教、あるいは拝み信仰、お陰信仰というのは、何でも他力に帰結させてしまう。神様だ、守護霊だ、おキツネ様だ、ご先祖様だと、自分の意識の外のものばかりを見てしまっている。これは他力過剰、甘え過ぎ、依頼心が強すぎるといわざるを得ない。

↓ブログランキングの応援
 1回クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
スポンサーサイト

tag : 深見東州 ワールドメイト 半田晴久

コメント

非公開コメント

ワンクリックお願いします!
ブログランキング にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 人気ブログランキングへ
最新記事
プロフィール

Author:美禰子
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
深見東州の著作
神界からの神通力
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード