蛇霊-神罰の蛇(2)058

深見東州先生(=半田晴久氏)は、世界中に愛をワールドメイトのリーダーです。

このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「神界からの神通力」を紹介しています。正神界のこと、神界と霊界のこと、守護神と守護霊、生霊、水子、稲荷信仰、蛇の霊、などについて解説しています。

深見東州の「神界からの神通力」(58)

 「いったいどうしてそんなことになるのか」

 と、天眼通力で見ると、怒り狂った一匹の黒蛇が現れた。それは三輪大社の眷属であった。

 「あなたは三輪大社へ行ったことがありますね」

 「はい。もう、ずっと昔のことですが」

 彼女の話によれば、早稲田の学生時代、女の子四人で奈良へハイキングへ行ったのだという。そして、山中を散策中、いつしか三輪大社の神聖なご神体である山中に入ってしまった。それに気づかない四人は、

 「なんだ、この石は?」

 とばかり、さわったりころがしたりしていた。そこへ神主が血相を変えて飛んできた。

 「あなた方はここで何をしているんです。ここはご神領ですよ。私たち神主でさえ、斎戒沐浴(さいかいもくよく)しなければ入れない神聖な場所なんです。この山全体がご神体なのです。すぐに出なさい」

 「ご神体だなんて…」

 四人はしぶしぶ山をおりた。

 ところがそれから間もなく、四人のうちの二人が精神に障害をきたし精神科の病院に入ってしまった。彼女ともう一人は精神に障害をきたすことはなかったが、縁談に恵まれず、三〇半ばを過ぎても結婚できないでいるのだという。

ブログランキングの応援 1回クリックよろしくお願いします

ブログランキング
スポンサーサイト

tag : ワールドメイト 深見東州 半田晴久 三輪大社 黒蛇 神主

コメント

非公開コメント

ワンクリックお願いします!
ブログランキング にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 人気ブログランキングへ
最新記事
プロフィール

美禰子

Author:美禰子
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
深見東州の著作
神界からの神通力
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード