肉体があるほうが早く御魂の修業が進む578

ワールドメイトは、深見東州先生(=半田晴久氏)が教祖の宗教法人です。

このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「大天運」を紹介しています。徳を積むことの意味、輪廻転生、前世の秘密、守護霊などについて解説しています。

深見東州の「大天運」(148)

 だが、私の見解に立てば容易に解答が出てくる。その答えはこうである。

 カルマの少ない、あるいはない人がこの世に肉体をもって生まれてくるのは、早く修業ができ、早く聖観音の位に近づけるからである。この世には、いろいろなレベルの霊層の人がいる。善人もいれば悪人もいる。心の澄んでいる人がいれば濁った人もいる。そうした中に身を置けば、当然のことながら葛藤が生じ、自然に御魂を磨くことができる。

 これに対して、高級霊界は同じレベルの御魂の持ち主が住んでいるところである。ここには悪人はいない。みな善人ばかりである。それゆえ葛藤も少ない。そのため、最高に幸せではあるが、御魂がそのランクでストップしてしまうのである。

 要するに、カルマの多い少ないは別として、肉体をもっているほうが、早く御魂の進歩向上の修業が進むから、人間は生まれ変わってくるわけである。そして、肉体をもった苦しみ、努力、錬磨によって、聖観音の像に近づいていくのである。

↓ブログランキングの応援
 1回クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
スポンサーサイト

tag : ワールドメイト 深見東州 半田晴久

コメント

非公開コメント

ワンクリックお願いします!
ブログランキング にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 人気ブログランキングへ
最新記事
プロフィール

Author:美禰子
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
深見東州の著作
神界からの神通力
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード