釣った魚に餌はやらない589

ワールドメイトは、深見東州先生(=半田晴久氏)が教祖の宗教法人です。

このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「大創運」を紹介しています。徳について、才能、守護霊、カルマなどについて、解説しています。

深見東州の「大創運」(5)

 「稼ぐに追いつく貧乏はなし」というが、これは稼いだ枠の中で、金を遣う場合の話である。稼いだ以上に遣えば、首が回らなくなるのは自明の理。ただし、この女性に対して若干、同情の余地がないわけではない。おそらく彼女は、自分の装飾品をクレジット・カードや、割賦で買ったのだろうが、カード・システム、割賦販売のシステムは、消費者を錯覚に陥れることがある。今、払わなくてもいいという思いがあるため、気が大きくなって、結局は支払い不能になってしまうのだ。

 スナックの客との恋愛事件が、蒸発の原因だとした場合、この女性の心の奥に恋愛願望がなかったかどうか。

 主婦に聞くと、半数以上の人たちは、「ちょっとスリリングな浮気をしてみたい」という思いがあるそうだ。

 家庭に収まってしまえば、日頃、接する男性は自分の亭主だけ。しかも、亭主族は「釣った魚に餌はやらない」主義であることが多いから、主婦の精神的・肉体的不満はつのるばかり。

↓ブログランキングの応援
 1回クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
スポンサーサイト

tag : ワールドメイト 深見東州 半田晴久

コメント

非公開コメント

ワンクリックお願いします!
ブログランキング にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 人気ブログランキングへ
最新記事
プロフィール

美禰子

Author:美禰子
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
深見東州の著作
神界からの神通力
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード