感じることの意味593

ワールドメイトは、深見東州先生(=半田晴久氏)が教祖の宗教法人です。

このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「大創運」を紹介しています。徳について、才能、守護霊、カルマなどについて、解説しています。

深見東州の「大創運」(9)

感じることの意味

 現在は第二次宗教ブームであるといわれる(注:この著作の初版刊行は1987年)。

 明治維新後、そして第二次世界大戦後にさまざまな形の新宗教が誕生した。戦争後の混乱、価値観の変化に動揺した人たちが、宗教に心のよりどころと糧を求めたためであろう。

 すると第二次宗教ブームの現在は、日本が関わる戦争、動乱がなくても、気分は戦後と同じ状態にあることになる。考えてみれば、なるほど、価値観の変化はまことに著しいものがある。技術革新は、昨日新しかったものを今日骨董品に変えてしまうのである。

 私のところを訪ねてきたOA(オフィス・オートメーション)機器のセールスマンに問いただしたことがある。

 「昨年来た時は、これが最新式のワープロだといって買わされたけど、今度のはもっと高性能でしかも値段が安い。安いのはいいけれど、昨年買ったやつはどうしたらいいの?」

 「ハハハッ、どうも。まあ、こういう業界ですから」

 技術の進歩に人間の方がついていけない状態である。こういった世の中では、何を基準にしていいのかわからなくなり、人々は心のよりどころを求めるようになるものである。

↓ブログランキングの応援
 1回クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
スポンサーサイト

tag : ワールドメイト 深見東州 半田晴久

コメント

非公開コメント

ワンクリックお願いします!
ブログランキング にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 人気ブログランキングへ
最新記事
プロフィール

美禰子

Author:美禰子
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
深見東州の著作
神界からの神通力
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード