悟りとは無限、覚醒の旅とは永遠604

ワールドメイトは、深見東州先生(=半田晴久氏)が教祖の宗教法人です。

このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「大創運」を紹介しています。徳について、才能、守護霊、カルマなどについて、解説しています。

深見東州の「大創運」(20)

 現実界、霊界、神界の関係を果物にたとえるならば、現実界は桃の皮であり、霊界は果肉であり、神界は種子である。

 神界という種子の外側を霊界、現実界がカバーしていると考えればよいのだ。

 お釈迦様の像を見ると、蓮の花の上におわせられる。この蓮座は何を象徴しているのだろうか。花弁は心の襞(ひだ)である。この襞を一枚一枚剥ぎとっていくと、蓮の花の花芯が現れる。この花弁は現実界に即する思いであり、襞を取り去る作業が霊界における悟りなのだ。心の悟りを深くすれば霊界に入り、悟った時、ふと見上げれば、そこにはお釈迦様がいてその神々しさを感じとることができる。私たちがその境に没入したからである。

 これがすなわち神界の境地に入ったということなのである。もちろん、これはたとえであって、実際は何度もこのパターンが繰り返される。繰り返すごとにますます深く、ますます高く、ますます繊細となり、霊層や霊格が向上するのである。悟りとは無限、覚醒の旅とは永遠なのである。

↓ブログランキングの応援
 1回クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
スポンサーサイト

tag : ワールドメイト 深見東州 半田晴久

コメント

非公開コメント

ワンクリックお願いします!
ブログランキング にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 人気ブログランキングへ
最新記事
プロフィール

美禰子

Author:美禰子
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
深見東州の著作
神界からの神通力
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード