あの娘の面影が心を焦がす614

ワールドメイトは、深見東州先生(=半田晴久氏)が教祖の宗教法人です。

このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「大創運」を紹介しています。徳について、才能、守護霊、カルマなどについて、解説しています。

深見東州の「大創運」(30)

 かりに大学病院の息子の方をAとし、もう一人の方をBとしよう。

 Aは定期試験では絶えず十番以内に入る秀才だった。かなりの努力家で、予習復習はきちんとやるし、運動はあまり得意でないにもかかわらず、サッカー部に入って、朝六時からの練習もさぼったことがなかった。宿題の答えなどもノートにギッシリ書き込まれてあり、彼のお世話になったずぼらな同級生も多かった。

 Aの母親も東北地方の大病院の娘ということで、お嬢さん気質の抜けない鼻っ柱の強い人だった。そしてかなりの教育ママであるが、Aはこの母親の言うことをよくきいた。

 一年生の二学期になった頃、ふとしたきっかけでAはクラスのある女の子を好きになった。それまでにも心ひかれた異性の一人や二人はいることはいたが、深い付き合いをするには到らなかった。

 ところが、今度ばかりは、たちの悪い熱病のように彼女のおもかげが彼の心を焦がし、勉強が手につかなくなったのである。

↓ブログランキングの応援
 1回クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
スポンサーサイト

tag : ワールドメイト 深見東州 半田晴久

コメント

非公開コメント

ワンクリックお願いします!
ブログランキング にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 人気ブログランキングへ
最新記事
プロフィール

Author:美禰子
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
深見東州の著作
神界からの神通力
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード