情熱と好奇心と恐いもの見たさ625

ワールドメイトは、深見東州先生(=半田晴久氏)が教祖の宗教法人です。

このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「大創運」を紹介しています。徳について、才能、守護霊、カルマなどについて、解説しています。

深見東州の「大創運」(41)

 幕末の英傑・吉田松陰は「かくすればかくなるものと知りながらやむにやまれぬ大和魂」と詠ったが、人間には、理屈通りの行動を潔しとしない部分がある。それをたとえれば情熱という言葉で表現することもできよう。あるいはまた、好奇心といった言葉で表してもよい。

 「恐いもの見たさ」という習性も人間にはある。ホラー映画を観にいって、思わず手で顔を覆う子どもがいる。「それなら観に来なければいいものを」と思いつつのぞきこむと指の間から、しっかりとスクリーンを見詰めていたりする。

 こういったあい矛盾する行動を取りながら、人間は一歩先へと足を踏み出すのだろう。

 さて、話を袋小路に戻すが、趣味で袋小路に飛び込んでしまう場合はともかくとして、古今東西の賢人たちも、一様に同様の経験をし、苦しみあがき、どう抜け出せばいいのかを思い悩んだようだ。

『易経』の中に「遠からずして元へ復る」という言葉がある。

 本来、人の生きる正しい道があるのだが、この道を見つけるには、さまざまな修業を積まなければならない。

 その間、人は、深山に迷い込んだ状態で、自分の進むべき道を模索しなければならないのだ。

 「よし、こっちが正しい道だ」と見当をつけて、歩み出しても、どうも様子が違う。さてどうすればいいのか。

↓ブログランキングの応援
 1回クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
スポンサーサイト

tag : ワールドメイト 深見東州 半田晴久

コメント

非公開コメント

ワンクリックお願いします!
ブログランキング にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 人気ブログランキングへ
最新記事
プロフィール

美禰子

Author:美禰子
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
深見東州の著作
神界からの神通力
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード