至善にとどまるとは628

ワールドメイトは、深見東州先生(=半田晴久氏)が教祖の宗教法人です。

このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「大創運」を紹介しています。徳について、才能、守護霊、カルマなどについて、解説しています。

深見東州の「大創運」(44)

「至善にとどまる」とは

 自分の誤りに気づいたら「元へ復(かえ)る」ことが大切だが、そういう気持ちをもって、改めて自分自身を見つめると「あれも間違い、これも間違い」。間違いと誤りの中に埋もれて愕然とすることがある。

 だが、ここで絶望する必要はない。誤りがわかるということは、それだけ修業を積んだということなのだから。

 修業を積んでいない者は、誤りどころか、誤りの意味すらわからないことが多い。

 さて、さまざまな誤りに気づいたらどうすればいいか。まず、前述した「遠からずして元へ復る」という実践からなのであるが、この次の段階として『易経』には、「繁く元へ復る」という言葉がある。「あっ、いけない」と思った時に、必ず元に帰ることを習慣づける修業を積めといっているのだ。「繁く」とは「遠からずして元へ帰る」頻度が、非常に多いことを意味している。

 卓上計算機で計算している時「アレ、ヘンだなァ」と思うことがある。最近、計算機がどんどん小型化しているので、指でキーを押しまちがえることが結構ある。

 「指の太い人のことを考えて作ってるのかなァ」と、不愉快になるが、それはさておき、こんな時は、御破算にして計算しなおすのが最も手っ取り早い。

 どこで間違えたのかとあれこれ思いわずらう前に、原点に立ち戻ってやり直してみることが、作業効率を高める方法なのである。

 この行為が、間髪を入れずできるようになった状態を、

「繁く元へ復る」という。

↓ブログランキングの応援
 1回クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
スポンサーサイト

tag : ワールドメイト 深見東州 半田晴久

コメント

非公開コメント

ワンクリックお願いします!
ブログランキング にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 人気ブログランキングへ
最新記事
プロフィール

Author:美禰子
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
深見東州の著作
神界からの神通力
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード