今度は元に篤く復る629

ワールドメイトは、深見東州先生(=半田晴久氏)が教祖の宗教法人です。

このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「大創運」を紹介しています。徳について、才能、守護霊、カルマなどについて、解説しています。

深見東州の「大創運」(45)

「ふとした思い」ということについては、他の箇所でもたびたび述べているが、「おかしい」と直感したなら、時間的に良かった状態に即戻ることができれば、誤りによって受ける損害はきわめて微少なものになるはずである。

 このレベルの修業を積むことができたならば、次に「篤く復る」という段階になる。「篤く」とは「繁く」が極まって、帰り方の回数から、帰る時の速度や確実性が加わっている状態である。そして、いよいよ究極の段階に入る。

「至善にとどまる」という儒教の言葉がそれである。つまり、何を行っても元から出ない、中心から逸脱しないということである。『論語』の「欲する所に従えどもこれ矩を踰えず」ということも「至善にとどまる」であり、『中庸』の「中」にあたるというのも「至善にとどまる」である。至善とは何か。これ以上の善はないという状態である。

↓ブログランキングの応援
 1回クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
スポンサーサイト

tag : ワールドメイト 深見東州 半田晴久

コメント

非公開コメント

ワンクリックお願いします!
ブログランキング にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 人気ブログランキングへ
最新記事
プロフィール

美禰子

Author:美禰子
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
深見東州の著作
神界からの神通力
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード