至善とは何か?633

ワールドメイトは、深見東州先生(=半田晴久氏)が教祖の宗教法人です。

このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「大創運」を紹介しています。徳について、才能、守護霊、カルマなどについて、解説しています。

深見東州の「大創運」(49)

 現在のコンピュータの発達ぶりはすさまじく、善悪の判断のみならず、遠からぬうちにコンピュータ自体が意志を持つ時代が来るといわれる。つまり限りなく人間に近づき、また多くの面で人間を越えるというわけだが、それであればこそ、人々は至善を追求し続けなければならない。

 誤った考えのもとに、コンピュータに指示を与えれば、コンピュータは、限りなく悪の世界を作り出していくことになりかねないからだ。

 とはいえ、では至善とは、具体的に何かといわれて答えられる人は少ない。
「至善の状態は想定できても、至善そのものが判然としなければ、追求しようがないではないか」ということになる。

 そこで、思い返していただきたいのは、人間の持つ直観力であり、ふとした思いである。

 あらゆる学問に精通しても、豊富な知識を身につけようとも、それ自体は人間にとって大した意味を持たない。

 学問をする、あるいは修業をいるということは、過程であって目的ではないのだ。目的は、直観力を養い、直観にもとづいた「ふとした思い」を湧かせることである。心眼を養い、聡明にしてよく物事のつぼ所をおさえた人になればよいのである。そうして、はじめて人や社会や物が生かされ、善となるのである。

↓ブログランキングの応援
 1回クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
スポンサーサイト

tag : ワールドメイト 深見東州 半田晴久

コメント

非公開コメント

ワンクリックお願いします!
ブログランキング にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 人気ブログランキングへ
最新記事
プロフィール

美禰子

Author:美禰子
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
深見東州の著作
神界からの神通力
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード