時に好奇心が破滅を招く636

ワールドメイトは、深見東州先生(=半田晴久氏)が教祖の宗教法人です。

このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「大創運」を紹介しています。徳について、才能、守護霊、カルマなどについて、解説しています。

深見東州の「大創運」(52)

 ところが、人間は形にならない物に対しても、激しい好奇心を抱くのだ。

 たとえば、頭の中に突如湧きあがったイメージに対して「なぜ」「どうして」という疑問を抱き、なおかつ、疑問を解決しようと懊悩する。そのエネルギーが文明の源なのである。

 ところが、時に、この好奇心が破滅を招くことがある。知りたいという強い思いに、生物としての生存本能を忘れてしまうことだってないとはいえない。こうなると、好奇心は悪魔のささやきとなるが、悪魔のささやきとするか、神の啓示とするかは、その人次第なのだ。

 好奇心を、みずからのエゴ、我の欲望のために湧きたたせてしまう人は、悪魔のささやきに乗せられて破滅に向かう。

 我の欲望といったが、我とは、そもそも我の執着心と、我の見識とがある。

 我の執着心=我執は、なにはさておいても自分が欲しいと思う心である。人はどうあれ、自分さえ良ければ万々歳と思うことである。

 我見=我の見識とは、自分の考え方が絶対に正しいと思うことから派生する思想である。

 自分だけが信じて、他の人の共感を呼ばぬ哲学といっていい。もっと簡単にいえば、思い込みと固定観念だけである。では、なぜ我見が生ずるのかといえば、それは学問と教養がないからである。

↓ブログランキングの応援
 1回クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
スポンサーサイト

tag : ワールドメイト 深見東州 半田晴久

コメント

非公開コメント

ワンクリックお願いします!
ブログランキング にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 人気ブログランキングへ
最新記事
プロフィール

Author:美禰子
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
深見東州の著作
神界からの神通力
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード