努力を怠るということは、649

ワールドメイトは、深見東州先生(=半田晴久氏)が教祖の宗教法人です。

このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「大創運」を紹介しています。徳について、才能、守護霊、カルマなどについて、解説しています。

深見東州の「大創運」(65)

 そんな出世争いをするよりも、社内のその他大勢の中に身を置き、会社で消耗するエネルギーを適当に節約し、休まず遅れず働かず。いや、与えられた仕事だけは義務としてこなすが、それ以外はしらんぷり。勤務時間が終了したら、さっさと会社を出て自分の個人的生活を充足させようとするのが、新人類サラリーマンのパターンだそうだ。

 古いタイプと新しいタイプのどちらにも、良い面と悪い面とがある。

 古いタイプのサラリーマンの努力する気持ちは大切なことだが、自分の力と出世の意欲だけに頼り切ろうとするところに誤りがある。だから、「自分はこれだけやったのに、何の見返りもないではないか」という不満が生じるのである。

 若いタイプは、人間一人の力と自己の限界をクールな目で見ている。「オレがやった」ということは、つまるところ自己満足でしかないことを見抜いているのだ。ただし、努力を怠るということは、決定的な考え間違いである。

↓ブログランキングの応援
 1回クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
スポンサーサイト

tag : 深見東州 ワールドメイト 半田晴久

コメント

非公開コメント

ワンクリックお願いします!
ブログランキング にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 人気ブログランキングへ
最新記事
プロフィール

美禰子

Author:美禰子
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
深見東州の著作
神界からの神通力
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード