狸の特徴は下品で怠惰(1)066

深見東州先生(=半田晴久氏)は、世界中に愛をワールドメイトのリーダーです。

このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「神界からの神通力」を紹介しています。正神界のこと、神界と霊界のこと、守護神と守護霊、生霊、水子、稲荷信仰、蛇の霊、などについて解説しています。

深見東州の「神界からの神通力」(66)

 の特徴は下品で怠惰、よく眠る!

 狐と並んで多い動物霊はである。にもいくつかの種類がある。

1.文字どおり動物のの霊
2.怨念霊
3.祖先
4.浮遊霊
5.霊昧天狸(身長二〇~一〇〇メートルくらいの巨大なものもある)
6.人の想念がつくり出した幽邪狸(身長二、三メートルから数十メートルのものまである)

 5と6については、次回の出版時に詳細をご説明したいと思う。ご期待願いたい。

 さて、残りの1から4のうち、1の動物の狸の霊はすでに述べたように、人にたたることはほとんどないが、障る特殊ケースがあるのでそれをご説明しよう。

 その一つは、山で死んだ狸たちの霊が、年月を経て、大量に蓄積されて合体し、巨大な化け物のようになったもの。これは妖怪の一種となる。もう一つのケースは、人が「お狸様」と、死んだ狸に狸信仰の対象物として崇敬し続けた結果、狸霊が人の崇敬の想念によって、神通力を持った化け物となる場合である。しかし、これらはきわめて希なケースといえよう。実際に障るのはほとんど、2、3、4の人霊が霊界で狸の姿となっている場合であるが、これら一つひとつについて具体的にご説明する前に、狸の一般的な特徴を述べておこう。

 まずいえることは、下司で下品で低級趣味であるということだ。神道の言霊学でいうと、「タ」は「尊い」の「タ」であり、「貴い」「高い」の「タ」であり、「高天原」の「タ」であって、高貴なることを意味する。したがって「タ」を抜く「タヌキ」は高貴なものを欠き、下司、下品となるわけだ。

↓ブログランキングの応援 1回クリックよろしくお願いします

ブログランキング
スポンサーサイト

tag : ワールドメイト 深見東州 半田晴久 怨念霊 祖先 浮遊霊

コメント

非公開コメント

ワンクリックお願いします!
ブログランキング にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 人気ブログランキングへ
最新記事
プロフィール

Author:美禰子
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
深見東州の著作
神界からの神通力
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード