守護霊と一体となった感じを自覚せよ687

ワールドメイトは、深見東州先生(=半田晴久氏)が教祖の宗教法人です。

このブログでは、ワールドメイトのリーダーである深見東州先生の「大創運」を紹介しています。徳について、才能、守護霊、カルマなどについて、解説しています。

深見東州の「大創運」(103)

 人と守護霊の関係も似たようなものだ。

 念願を成就させたいために、

 「守護霊様、精一杯がんばりますから、なんとかお力添えをお願いします」と頼み込む。

 守護霊様は「さようか、その気になっているのなら手助けしまひょ」

 明治維新の時、江戸城開城をめぐって勝海舟と西鄕隆盛が会談したが、海舟は、隆盛のことを「太鼓のような男」と評した。

 弱く叩けば小さく鳴り、強く叩けば大きく響く人物というわけだが、守護霊も、人のやる気に応じて、力を発揮されるのである。

 ただし、約束ごとが履行されたかどうかについては、あまり厳しい評価をされない。

 本人がやる気を見せているにもかかわらずなかなか成績が上がらないとしても、お怒りにはならないのだ。その努力の有無、プロセスの善し悪しを、それこそ二十四時間そばにいて、知り抜いているからに他ならない。だから、いいかげんにしていたら、もちろんしかられるのは当然のことである。

 また、本人の努力と守護霊の力が相まって念願が成就するのであるから単純に計算すれば、いくら本人ががんばっても半分しか望みを満たすことができない。

 守護霊は「やはりワシの力がなければなァ」と、満足気な笑いを浮かべられて、登場し、ことの解決にあたられる。

 ここだけの話……といっても守護霊はすべてをお見通しだから、秘密は守れないが、守護霊のプライドを多少ともくすぐるようにすれば、その気になってくれるというお人好しの面が強いのだ。いってみれば、理屈抜きにわが子をかわいいと思う親心。かわいい子にくすぐられ、頼りにされれば、相好を崩しながらがんばってくれるのである。

 要は、知性と教養と霊覚のすぐれた、おじいさんのおじいさんのそのまたおじいさんのおじいさんが、家族一緒になってそばにいてくれると考えればよいだろう。こういう一体感が大切なのだ。

↓ブログランキングの応援
 1回クリックよろしくお願いします

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
スポンサーサイト

tag : ワールドメイト 深見東州 半田晴久

コメント

非公開コメント

ワンクリックお願いします!
ブログランキング にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 人気ブログランキングへ
最新記事
プロフィール

美禰子

Author:美禰子
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
深見東州の著作
神界からの神通力
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード