自他通力…真心で相手の気持ちを読み取る007

深見東州先生(=半田晴久氏)は、世界中に愛をワールドメイトのリーダーです。

神界からの神通力(7)

 自他通力(他心通力)とは、相手の気持ちや境地がわかる能力のことだ。

 わかるといっても、正神界の自他通力はしょっちゅう人の気持ちがわかるというものではない。必要な時にパッとわかって、パッと心が読めるというものである。やたら日常生活で人の気持ちが全部読めたら、うるさくてしょうがない。必要なときに相手の気持ちがわかるというだけで十分なのである。

 ところで、邪神界、魔物の自他通力というのは、しょっちゅう、わかり過ぎるくらいわかるというものである。実は、これはタヌキが憑いてやっているのだ。

 タヌキは、相手の気持ちを読むのがうまい動物だ。たとえば、大阪の商売人などの中に、お腹がデップリして、「あなたは今、こういうふうに困っているだろう。わかるよ、アッハッハ!」というようなタイプがそれである。

 タヌキの特色は、よく眠る、パクパクよく食べる、ペラペラよく喋る、言っていることが支離滅裂で堂々巡りが多い、いばりたがる、偏食が多いなどである。これも動物霊編で詳しく後述する。一般にその神通力は、近い未来の予知能力や、失せ物の発見能力、腹で見抜く能力などである。だから、人の気持ちがよくわかるのである。天眼はキツネほどではない。

 それに比べて、正神界の自他通力を持つ人は済みきった目をし、水晶のような気持ちと真心があり、無欲なので、相手の気持ちが全部写るのである。

 こういう、済みきった心の持ち主になることが自他通力の基礎なのだ。

 これが、強い人欲から発するとタヌキの自他通力になってしまう。

「俺は他心通ができるのだ」と威張る霊能者がいるが驚くことはない。そういう人が死ぬとどういうことになるかといえば、畜生道や、行者霊界、魔界に落ちて、人霊ダヌキというものになる。これも、後で詳説しよう。

 キツネの天眼通力を信奉してどこまでも神様だと信じて死んだ人は、人霊ギツネになるのである。そういう人は、生前、霊能力という能力に自分の気持ちと魂を売ってしまっているのである。

 能力は得られるけれども、本当の人の道を成就できていないので、死んだら絶対に正常な霊界には行けない。至誠と善徳以外は、いくら霊界に通じ霊能があっても正道をまっとうしてすばらしき霊界に行けることとはならないのである。

↓ブログランキングの応援
 1回クリックよろしくお願いします

ブログランキング
ブログランキング
スポンサーサイト

tag : ワールドメイト 深見東州 半田晴久 霊能者

コメント

非公開コメント

ワンクリックお願いします!
ブログランキング にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 人気ブログランキングへ
最新記事
プロフィール

美禰子

Author:美禰子
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
深見東州の著作
神界からの神通力
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード